ホーム > 入試 > アドミッションポリシー

アドミッションポリシー(総合政策学部)


公立大学法人島根県立大学のアドミッション・ポリシー
  • 幅広い基礎的な教養、学力を持つともに、自分の考えを適切に表現できる人
  • さまざまな課題に積極的に取り組む意欲と行動力を持ち、自らを高めようと志す人
  • 北東アジアをはじめとするグローバルな社会や地域社会で活躍したい人 
島根県立大学総合政策学部が求める人材(アドミッション・ポリシー)

島根県立大学総合政策学部は、次のような4つの教育理念を掲げて教育を行なっています。

  1. 主体的に問題を発見・整理し、適切な解決策を提示できる人材の育成
  2. 豊かな教養を持ち、1 つの問題に対し多角的にアプローチできる人材の育成
  3. 国際的な視野から思考し、直面する問題に対して実践的に対応できる人材の育成
  4. 国際化・情報化に対応したコミュニケーション能力を備えた人材の育成

このような教育理念のもと、本学部では、時代の要請に応えるため日々教育内容の充実に努めており、平成19年度には、2年次からの少人数の演習科目である『総合演習』を学修の核として位置付け、大幅なカリキュラム改定を行ないました。この『総合演習』は、「国際関係」「北東アジア」「社会経済」「地域政策」という4 つのプログラムの中から1つを選択して履修する科目であり、将来の進路を見据えて系統立てた学修を進めるとともに、本学部での「学びの集大成」として充実した卒業研究を行なうことを目標とするものです。

上記の教育理念と教育の特色を踏まえて、次のような学生を求めています。

  • 島根県立大学総合政策学部の教育理念と教育内容を十分に理解し、本学部において期待される人材となるべく、必要とされる基礎学力とともに、自らを成長させようとする高い勉学意欲と適性を有している人
  • 社会の動きに対して積極的な関心を持ち、そこに見られる諸問題を広い視野の中で的確に把握し、多角的なアプローチによってその解決策を考えてみたい人
  • 社会科学・人文科学を中心とした幅広い分野の学問を学ぶとともに、「国際関係」「北東アジア」「社会経済」「地域政策」のいずれかについてさらに深く学んでみたい人
  • 知識の習得にとどまらず、「豊かな人間性」を育み、実践的な問題発見・解決能力とコミュニケーション能力を鍛え、社会人として求められる資質をバランスよく向上させたい人
  • 本学部での学びを自らの生き方と関わらせ、積極的に今後のキャリア形成に活かしていこうとする人

入学後に本学部の教育理念に基づく学修に取り組むにあたって、日頃から世界全体の出来事や地域社会、時事に関心を持っていることが重要です。現状の問題点や課題を自ら発見し、その解決策を提示し実践するための創造的な思考力や、総合政策学部の学びに対し積極的な姿勢で臨む主体性を、高校生活等を通して養っておくことが必要です。また、本学部は社会科学・人文科学を中心としたカリキュラム編成を行なっていますので、国語・英語の2教科を中心に地理歴史・公民・数学などを幅広く十分に学習し、基本的な知識や読解力・表現力を身につけておくことも大切です。

浜田キャンパスで皆さんにお会いできることを、在学生、教職員一同期待しています。



アドミッションセンター長

岩 本 浩 史