ホーム > キャンパス > 大学・キャンパスの動き > 2017 > 10月 > 隠岐高校の皆さんが大学見学に来られました

隠岐高校の皆さんが大学見学に来られました



2017/10/18

10月18日(水)隠岐高校2年生79名の皆さんが本学出雲キャンパスを訪問されました。
当日は、午前中に看護学部2年生との交流・キャンパスツアー・島根県立大学学部説明会、午後からはゼミ交流を実施と、1日掛けて『大学』という場所を体験していただきました。

看護学部2年生との交流

看護学部の特色のある講義・活動紹介として、島根の地域医療(隠岐の島町グループ、飯南町グループ)、国際交流サークル(Global Dream Huntについて)、隠岐高校卒業生(講義、自治会活動について)の4団体による発表を行いました。
いずれの発表も興味深い内容で、隠岐高校生からも多くの質問がありました。

1 2

キャンパスツアー

4班に分かれた後、キャンパスツアーに出発しました。
約30分間、学生寮や自習室、実習室、9月にオープンしたばかりの新図書館・講義室を見学しました。

3 4

5 6

島根県立大学説明会

島根県立大学には3つのキャンパスがあります。
それぞれのキャンパスより、学部学科の紹介・説明を行いました。
総合政策学部(浜田)に加え、来年度より新設の看護栄養学部(出雲)、人間文化学部、短期大学部(松江)について
学びの特徴をお伝えしました。

7 8

            9

隠岐高校発表/ゼミ交流(浜田キャンパス豊田ゼミ)

午後からは、浜田キャンパスの豊田ゼミ2年生・3年生と交流を行いました。
はじめに、隠岐高校の皆さんがフィールドワークを行った結果を報告しました。
「あごだし」を実際に持参され、大学生が試飲する場面も見られました。

11 12

10 13

その後、大学生からはゼミで取り組んでいる「坂本米」のブランド化について研究発表を行いました。
3年生が食味テストを行い「本当においしいのか」を数値化し、2年生が「どのようにマーケティングをしていくのか」
というテーマで取り組んでいる模様です。
フィールドワークの取り組み方も含め、活発な意見交換が行われていました。
また、それぞれの学生が過ごす大学生活(ボランティア・短期留学等)について、写真を用いて発表を行いました。

14 15

16 17

発表終了後、3つの教室に分かれてディスカッションを行いました。
最初のアイスブレイクでは各班・各教室とも非常に盛り上がり、大学生と高校生の距離が近づきました。
そのうえでのディスカッションのテーマは「もしインターネットがなくなったら?」です。
時間が経つのも忘れ、お互いに有意義なディスカッションになりました。

18 19

20 21


隠岐高校の皆さん、ご来学ありがとうございました!!

25 26


◆入試・大学見学・資料請求などお問い合わせはこちらまで↓↓
島根県立大学 アドミッション室(担当 松﨑・有藤・竹口)
TEL:0855(24)2203
FAX:0855(24)2283
Email:h-ac@u-shimane.ac.jp