浜田キャンパスホーム > 地域連携 > 公開講座等 > 浜田キャンパス公開講座

浜田キャンパス公開講座

島根県立大学では、地域に開かれた大学として地域の方々の知的好奇心にお応えするため、
毎年度「公開講座」を開講しています。

koukaikouza3 koukaikouza1 koukaikouza2

2019年度公開講座 

  講座Ⅰ 「学校では教えてくれない〇〇の世界」

講師

講座内容

日時

場所

1

藤井 礼子
(元・島根県西部県民センター地域振興課公民館連携スタッフ、やさか爺~婆~さん倶楽部事務局)

やってみな わからん!~高齢者団体の6次産業化の取組みから考える、地域づくりを担う人づくり
 浜田市弥栄町。そこに住む高齢者は「田舎暮らしの達人」です。あたりまえに暮らしてきた生活の中にある『知恵』や『技』をあらためて再現し、地元の米・野菜を基に「保存食セット」をつくりました。地縁・血縁関係を越えた「やってみたい!」の気持ちで、達人たちが仲間をつくり、地域課題解決へ向って走った奇跡と、次世代へのメッセージをご紹介します。

6月5日(水)
18:15-19:45
講義・研究棟
「中講義室3」

2

鍵本 俊朗
(浜田市教育委員会文化振興課市誌編纂室専門員)

浜田開府四百年目に見た近世浜田藩の歴史
 近世の浜田藩に関する個別的な研究は数多くあります。これを近世社会の流れに置くとどのように見えてくるでしょうか。藩政策の社会的な背景を探っていくことで、新たな浜田像を見つけることができればと思い、報告いたします。

6月26日(水)
18:15-19:45
講義・研究棟
「中講義室3」

3

河野 文影
(森の公民館「夢の音村」村長)

夢の続き『音楽が都市農村交流の扉を開けた』
 組織するには難しい世代といわれる青年世代の結集を図り、50年間の音楽活動を通して手づくりの林間交流空間『夢の音村』を整備。年間6000人を超える利用者の活動拠点に成長。今日新たに地域連携を図り都市農村交流で地域課題に挑む。

7月3日(水)
18:15-19:45
講義・研究棟
「中講義室3」

4

陳 幼竹
(島根県立大学北東アジア地域研究センター非常勤研究員)

ひそかに身近な薬草
 本講座は、浜田市内の道端でよく見られる薬草(例えばハマスゲ、ハハコグサ、サクショウソウ、ギョセイソウなど)について、その特徴と識別方法および注意点などを中心に季節に合わせて取った標本を用いて話します。

10月23日(水)
18:15-19:45
講義・研究棟
「中講義室3」
講座Ⅱ 「浜田キャンパス国際ターミナル~優先搭乗のご案内~」

講師

講座内容

日時

場所

5

ハキモヴァ・リリヤ
(島根県国際交流員)

ロシアの日常~日本との違い・共通点
 みなさんは、ロシアに対してどのようなイメージを持っているでしょうか?ウォッカが有名、寒い国、みんな毛皮のコートと帽子を身につけているなど様々だと思います。近くて遠いロシア人はどんな人なのか、日本人と似ていると違うところを紹介します。

6月12日(水)
13:15-14:45
講義・研究棟
「中講義室3」

6

于 清
(浜田市国際交流員)

中国のリアルな生活事情
 中国は日本と歴史的、文化的、経済的に関係の深い隣国です。文化面に共通しあう所が多くあるものの、現代において、生活方式がずいぶんと違ってきました。教育、結婚、社会福祉等の方面から、中国での生活はどんなものかを紹介します。

6月19日(水)
13:15-14:45
講義・研究棟
「中講義室3」

7

ジョアンナ ディクソン
(浜田市国際交流員)

ウェンディゴとスレンダーマン:都市伝説から知るアメリカの文化
 子供の時に聞いた怖い話を覚えていますか?ウェンディゴやスレンダーマン、ブラディーマリーなどの古い歴史がある、またはインターネットから生まれた都市伝説を例として、アメリカの様々な地方の歴史・文化・人々などについて紹介します。

10月2日(水)
13:15-14:45
講義・研究棟
「中講義室5」
 8  韓国の国際交流員
(島根県国際交流員)

 韓国に行ってみよう
 韓国の国際交流員を講師に迎え、韓国の文化や魅力、知っていそうで知らない韓国について紹介します。

 12月4日(水)
13:15-14:45
 講義・研究棟
「中講義室5」

9

ベトナムの国際交流員
(浜田市国際交流員)

私のふるさとはこんなところ
 ベトナムの国際交流員を講師に迎え、母国の文化・歴史・地理の分野をはじめ、「旅行するならここがおすすめ!」というスポットなど、普段は聞くことのできない魅力をみなさまに紹介します。

12月18日(水)
13:15-14:45
講義・研究棟
「中講義室5」
講座Ⅲ 「聴いて得する!大学教員の”ちょっとココだけ”の話」

 №

講師

講座内容

日時

場所

10 小林 明子

異文化理解の心理学
 皆さんは生まれ育った街から見知らぬ土地へ移動して食事や人付き合いの違いに驚いたことはありませんか?本講座では引っ越し、海外旅行、留学等の移動に伴って起こる文化摩擦やカルチャーショックの心理を解説します。また異なる文化や考え方に出会った際、どんな対処が有効なのか受講生の皆さんと共に考えたいと思います。

5月8日(水)
13:15-14:45
講義・研究棟
「中講義室3」
11 張 忠任

道教の倫理観と養生術
 本講座は、現世利益の不老長生を追求する道教の倫理観を述べた上で、心身の調和を強調し、古代の「熊経鳥申」の考え方、東漢華陀の「五禽戯」の意味から「太極拳」(実演あり)を中心に中国の養生術を紹介します。

5月15日(水)
18:15-19:45
講義・研究棟
「中講義室3」
12 松尾 哲也

戦争と平和の政治哲学
 「戦争と平和」をテーマとして激動の20世紀の歴史を振り返り、人間の生き方に影響を与える「政治」の実態について、過去の政治哲学者・思想家の分析をもとに解説します。そして、善き政治秩序を構想する政治哲学の役割についてお話します。

9月25日(水)
18:15-19:45
講義・研究棟
「中講義室3」
13 西藤 真一

どーなる!?島根の観光
 海外旅行で日本を訪れる旅行者は年々増えています。外国人にとって、東京や大阪は主要な旅行先ですが、最近では地方にも足を向ける旅行者が増えてきました。この傾向は今後も続くの?増やすためにはどうすればよいの?いくつかのデータを紹介しながら解説します。

10月2日(水)
18:00-20:00
講義・研究棟
「中講義室3」
松田 善臣

 どーなる!?自動運転車
 政府が策定した「未来投資戦略2018」では「無人自動運転による移動サービスの2020年実現」を目標に掲げています。自動運転が実現した社会はどうなるのでしょうか。本当に来年には自動運転車が街を走っているのでしょうか。自動運転技術の現状と自動運転が実用化した近未来の社会についてお話したいと思います。

14 姜 英淑

日本語の方言からみた韓国語の方言-音韻論的アプローチ-
 日本語の方言はアクセントの有無によって大きく分かれます。アクセントがある方言はさらに東京式アクセント,近畿式アクセント,鹿児島式アクセントで分類されますが,島根の方言は東京式アクセントに分類されます(隠岐島の方言を除く)。このようなアクセントの特徴は,韓国語の方言にも見られます。本講座は,日本語の方言アクセント特徴を紹介し,韓国語の方言アクセントの特徴を考えてみることを目的とします。語学力はまったく必要としません。

10月9日(水)
18:15-19:45
講義・研究棟
「中講義室3」
15 久保田 典男

中小企業の人材確保
 人口減少社会を迎える中、中小企業にとって人材確保は喫緊の課題となっています。本講座では中小企業の雇用を取り巻く環境について解説するとともに、島根県内における中小企業の魅力発信に向けた取組みを紹介しつつ、地方中小企業が人材確保を推進するための方策について考えていきます。

10月16日(水)
18:15-19:45
講義・研究棟
「中講義室3」
16 金野 和弘

シェアリングエコノミーって何だろう?
 カタチのあるものはもちろん、時間やスキルを個人間でシェア(共有)する経済のあり方としてシェアリングエコノミーが注目を集めています。本講座では、最新の事例をご紹介しながら、賢く活用するためのヒントをお示しします。

10月30日(水)
18:15-19:45
講義・研究棟
「中講義室3」
17 木村 秀史
(國學院大學経済学部准教授)

ゼロからわかるアニメ経済入門 シーズン2
 本講座は、近年、成長著しい大人向けアニメ市場について経済的な視点から学びます。最近では「君の名は」や「ラブライブ!」に代表されるような大人向け作品の大ヒットが続いています。このようなアニメ市場の広がりについて一緒に考えてみませんか?第2弾の今回もいくつかのヒットアニメを映像と共に紹介していきます。楽しみながら学びましょう。

11月1日(金)
18:15-19:45
講堂
18 石田 徹

近世日朝関係の2つの使節:通信使と訳官使
 近世の日本と朝鮮との間で「通信使」と呼ばれた使節が往来していたことはよく知られていますが、実はもう一つ「訳官使」と呼ばれた使節も往来していたということはあまり知られていません。2つの使節を概観しながら、近世の日朝関係のあり方について考えてみましょう。

11月13日(水)
18:15-19:45
講義・研究棟
「中講義室3」
講座Ⅳ 「大学教員による”リレー式”講座」   ※1講座完結型(連続して受講しないと内容が分からいということはありません。)
講師 講座内容 テーマ 日時 場所
19 福原 裕二

アジアの環境問題をグローバルに考える
 このリレー式講座は、「北東アジアの環境問題の現在と将来:地域研究と地域比較の視点」と題し、共同研究を進めた成果報告の一部です。北東アジアの国・地域だけでなく、西アジア(イラン)も視野に入れ、豊富な現地情報を踏まえて深刻化する環境問題の多様な背景とダイナミズムを論じていきます。そのうえで、皆さんと一緒にグローバルな環境問題の克服へ向けた方途について考えたいと思います。

 「環境問題から見た北朝鮮の現在と対外開放の可能性」 11月20日(水)
18:15-19:45
講義・研究棟
「中講義室3」
20 吉村 慎太郎
(広島大学総合科学部教授)
「日本の環境問題を考える:海のゴミと核のゴミ」 11月27日(水)
18:15-19:45
21 濵田 泰弘 「イランの環境問題:日本との比較の視点を織り交ぜて」 12月4日(水)
18:15-19:45
22 豊田 知世 「大気汚染と中国の苦闘」 12月11日(水)
18:15-19:45
23 沖村 理史
(広島市立大学 教授)
「環境問題の地域比較:アジアと世界」 12月18日(水)
18:15-19:45

  ◆パンフレット◆PDF 2019年度浜田キャンパス公開講座

公開講座会員

島根県立大学浜田キャンパスの公開講座等を通じ、大学を“より身近な存在”として感じていただけるように、平成26年度より「島根県立大学浜田キャンパス公開講座会員」制度を設けております。
皆さまからのお申し込みをお待ちしております。
 ⇒詳しくはコチラ

過去の公開講座

 ⇒過去の公開講座のパンフレットはコチラから

現代しまね学入門(公開授業)

2019年度春学期 「現代しまね学入門(公開講座)」講義予定表

お申し込み・お問い合わせ

〒697-0016 島根県浜田市野原町2433-2
 島根県立大学 浜田キャンパス 地域連携課
 TEL:0855-24-2396 FAX:0855-23-7352
 E-mail:h-chiren@u-shimane.ac.jp