ホーム > 学部・大学院 > 大学院 > 留学生支援

留学生支援


海外での入試の実施

日本国内における留学生特別選抜のほか、中国(北京、上海)、韓国(蔚山)、ロシア(ウラジオストク)で入試を実施しています。

充実の奨学金制度

本学では、大学独自の奨学金制度を含め、申請することができる複数の給付型の奨学金制度があります。

<過去の奨学金取得実績>

      奨学金名称          金額(月額)                                                  備 考

島根県立大学奨学金

45,000円

他の奨学金との併給不可。

入試の成績を勘案の上、2月頃決定し、卒業するまで受給。

(受給期間は、標準修業年限内)

島根県立大学奨学金(博士後期課程入学時特待生)

70,000円

他の奨学金との併給不可。

博士後期課程の入学者選抜で特に優秀な成績で合格し、入学した学生を対象。 

採用枠は毎年1名のみ。入試の成績を勘案の上、2月頃決定し、卒業するまで受給。(受給期間は、標準修業年限内)    

浜田国際交流協会奨学金

50,000円

他の奨学金との併給不可。

5月に学内選考会を実施後に推薦者が決定。後日開催される浜田国際交流協会「外国人留学生奨学金選考委員会」での選考を経て、奨学生を決定。受給期間は、採用年度の4月から翌年3月まで。

ロータリー米山奨学金

140,000円

他の奨学金との併給不可。

採用された際の学年、及び在籍課程への入学月によって奨学期間が異なる。(最長で2年間受給可能)受給開始は採用翌年度の4月。       

文部科学省外国人留学生学習奨励費(渡日前)

文部科学省外国人留学生学習奨励費(一般枠)

48,000円

文部科学省外国人留学生学習奨励費(渡日前)については、渡日前入学許可にて入学した学生が対象。          

文部科学省外国人留学生学習奨励費(一般枠)については、在籍留学生数により、推薦枠が決定。

受給期間は、春学期入学者は4月から翌年の3月までの1年間、秋学期入学者は、10月から翌年3月までの6ヶ月間。

国費外国人留学生制度(博士前期)

144,000円

他の奨学金との併給不可。

受給期間は採用年度の4月から当該の正規課程修了までに要する定められた期間で、文部科学省が必要と認めた期間(博士前期修了後、博士後期に進学希望の者で、一定の基準を満たす特に成績優秀な者については、進学に伴う奨学金支給期間の延長審査を受け、奨学金支給期間の延長が認められる場合がある。)

成績優秀者に対する授業料・寮使用料減免制度

優秀な成績で入学した留学生については、標準修業年限の期間は授業料(年額535,800円)、寮基本使用料(月額14,000円)の減免と公立大学法人島根県立大学奨学金の給付を受けることができます。なお、選考に漏れた留学生についても、入学後に申請することで、授業料減免を受けることができる場合があります。

経済的負担を軽減するパソコンレンタル制度

研究やメールでの連絡等にパソコンは欠かせません。本学では、ノート型パソコンを貸し出しています。

安全・快適な寮生活

留学生は、学生寮「国際交流会館」に優先的に入居できます。国際交流会館は、大学まで徒歩5分の近さにあり、民間警備会社による24時間機械警備で万全の安全対策を施しています。優秀な成績で入学した学生については、寮の基本使用料を免除しています(共益費や光熱水費等は負担する必要があります)。

安心生活を支える医療費助成制度

本学の教職員の寄付によって成り立っている「留学生基金」から、医療費の自己負担額の35%を上限に助成を行います。
また、同じく「留学生基金」から、予防接種に要する費用の半額を助成します。ただし、インフルエンザの予防接種については、1,000円を超える額を助成します。

楽しく学べる日本語教育

留学生は、入学前に日本語を身につけておくことが望ましいですが、まだ日本語に慣れていない留学生を対象に、日本語講座を無料で開設しています。また、習熟度によっては、民間ボランティア団体の協力を得て、補講を実施することもあります。

手厚い各種手続きサポート

入国時の移住地の届け出や国民健康保険への加入など、市役所への手続きに先輩大学院生が同行し、慣れない地における最初の手続きをサポートしています。
また、再入国許可申請や資格外活動許可などの、入国管理局に対する手続きについては、職員が代行しています。

市民からの温かいサポート〜家電製品のレンタル制度

浜田国際交流協会から提供された、テレビ、冷蔵庫、炊飯器などの家電製品を無償で貸し出しています。(希望者が多い場合は抽選となります。)

             

※これらの制度は2015年8月現在のものを記載しており、今後変更となる可能性があります。