ホーム > 学部・大学院 > 総合政策学部

総合政策学部


総合政策学部

現代社会においては、国際化・情報化の進展により既存の社会的枠組みの再構築が急速に進みつつあります。 我々が直面する課題も多種多様であり、もはや従来からの画一的な政策や既存の学問領域の区分をもってこれに対応することは困難になりつつあります。このような時代に求められる学問、それが総合政策学です。

特徴

学習効果が最大限に生きる授業体系を大切にしています。

教育目標

総合政策学部の養成する人材像・卒業認定の方針・教育課程の編成方針を紹介します。

4つの学習プログラム

総合政策学部のカリキュラムは、教育目標に応じた4つの特色ある科目群で構成されています。

ゼミナール

全員が1年生からゼミナールに所属し、学年進行に合わせてステップアップしていきます。

英語科目

英語が好きな人にも、苦手な人にも興味をもって授業に取り組んでもらえるような科目を用意しています。

情報教育

コンピュータを十分に活用できる実践的能力を身につけると共に、コンピュータを思考のツールとして活用していく能力の養成を目指します。

ユニーク科目

見て、聞いて、ためになるユニークな科目をご紹介しています。

異文化理解研修

諸外国の大学と交流協定を締結し、学生の皆さんに異文化体験してもらう科目を用意しています。

カリキュラムマップ

総合政策学部カリキュラム構成をお伝えします。

シラバス

授業の内容についてお知らせします。

教員一覧

教員情報をお伝えしています。

成績評価基準

成績評価基準について掲載しています。

学生の修学支援

学生の修学支援(オフィス・アワー、TA・SA制度)についてお知らせします。

卒業要件

卒業要件についてお知らせします。

 教職課程

 希望者に対して教職課程を開設しています。