浜田キャンパスホーム > 国際交流 > その他の支援・事業(浜田キャンパス) > 平成30年度内閣府青年国際交流事業参加者レポート

平成30年度内閣府青年国際交流事業参加者レポート

日本・中国青年親善交流事業
(派遣期間:2018年10月23日から11月3日)
総合政策学部2年 小池 敦紀

 内閣府が実施する日本・中国青年親善交流事業に日本代表青年として参加しました。2018年は日中平和友好条約締結40周年という記念すべき年であるとともに、当事業も40回目を迎えたこともあり、記念プログラムが随所に組まれていました。
 派遣期間中は、北京、西安、宝鶏、成都の4都市を訪問し、在中国日本大使館や全青連副主席への表敬訪問、西安外国語大学をはじめとした中国国内の大学生との交流など、普段の大学生活を過ごす中では体験できない経験と出会いがありました。また、北京第二外国語学院で行われた日中平和友好条約締結40周年記念フォーラムでは、「私と日本/中国の物語」というテーマで日本青年代表の一人としてスピーチをすることができました。
 この事業を通して、日中両国の青年交流が今後の日中関係の発展において重視されていることを実感しました。この事業での経験を活かし、今後の日中関係発展に尽力できるような人材となりたいです。

2018年 日本・中国青年親善交流事業 2018年 日本・中国青年親善事業 餃子つくり