浜田キャンパスホーム > 国際交流 > 日本語・日本文化研修等 > 海外語学研修 > 大邱韓医大学校韓国文化体験プログラム2014参加者レポート

大邱韓医大学校韓国文化体験プログラム2014参加者レポート

(浜田キャンパス3回生 伊野田万裕) 

 私は今まで異文化理解研修、ゼミでの韓国研修でしか韓国に行った事が無かったです。異文化理解研修と違うところは、韓国語能力別にクラス分けはなく韓国語をメインに勉強するというよりは韓国の文化を体験するというプログラムです。

 私が一番印象的だったのは、日本語学科の学生との交流でした。普通にお話をして交流するだけでも文化が違うと思うことが多々ありました。最初はカルチャーショックなようなものを受けますが次第に「韓国の文化って面白いな~どんな文化があるんだろう」と異文化に興味を持つようになれました。普通の旅行では体験できない学生としての貴重な時間がこの韓国の大学生との交流でした。

 また、私は最後の修了式に日本人学生の代表として今回のプログラムの感想を発表させていただきました。初めは韓国語で発表しようとしていたので日本語で書いた感想文を韓国語で翻訳したり友達に添削してもらったりと悪戦苦闘しました。今まで授業でも自分の言いたい事を韓国語にすることがなかなかなかったので面白かったです。しかし、当日は時間短縮の為日本語で発表して隣で韓国語通訳をしてもらいました。涙あり笑いありの発表時間になって楽しかったです。

 今回のプログラムに参加して本当に良かったと思います。韓国語だけでなく英語の必要性を感じることが多かったです。今後グローバル社会の中で生き抜いていく為には英語はもちろんのことその他のさまざまな言語を習得することが重要であり、国際的なコミュニケーション力も必要なことを学びました。これらの能力を養っていく為には学生のうちに海外へ出て経験することが一番だと思います。ぜひ来年も島根県立大学から大邱韓医大学へ学生を派遣していただきたいと思います。よろしくお願いします。

(松江キャンパス2回生 椿原唯織)

 私は今回のテグ韓医大学校の韓国文化体験プログラムに参加して、本当に良かったと思います。私は、韓国には旅行や高校の時ホームステイなどで、何度か行ったことがありました。しかし、今回は韓国の大学に滞在する、また、他の国の学生も参加するということで、期待と不安でいっぱいでした。また、今回のプログラムでは、島根県立大学の3キャンパスから2名という少人数だったのでさらに不安もありました。しかし、県立大学からの伊野田さんは、本当に優しくて、またお互いに韓国での滞在中は協力して、楽しく過ごすことができました。

 韓国での約5日間の生活の中で一番心に残っていることが、日本語の授業です。テグ韓医大学校の日本語学科の生徒と日本語で授業をしました。韓国人の生徒の方々が、私たち日本人に日本語で質問をする内容の授業でした。驚いたのがほとんどの生徒の方が日本語を流暢に話し、理解ができているということです。このことに私はとても良い刺激をもらいました。また、「なぜそんなに日本語が上手なの?」と質問をすると、「日本が大好きで勉強をたくさんしたよ。」と学生が言ってくれて、私は韓国が好きで韓国語や韓国文化を勉強しているのと同じように韓国の学生も日本のことが好きで勉強してくれていることにとても感動しました。国や話す言葉は違っても韓国の学生と交流できてよかったです。また、今回のプログラムは7カ国の国の学生が参加していたので、生まれて初めて会う国の学生などと会えて交流できてよかったです。今回のプログラムで自分のがんばらなくてはいけない部分も自分の韓国語の能力も試せたのでとてもよかったです。本当にこのプロジェクトに参加できて、勉強になり楽しかったです。

現地の様子

 ドンファ寺

ドンファ寺

 日本語学科の学生と交流

日本語学科の学生との交流

 サムルノリ演奏

伝統楽器 サムルノリ演奏

 ハフェ町観光

ハフェ町観光

 修了式

修了式