日韓日朝交流史研究会(2008年度)

2008年度

第17回日韓・日朝交流史研究会

【日時】2009年2月27日(金)
【場所】本部棟会議室
【内容】「韓国におけるマニフェスト普及と政策移転ネットワーク形成」
     河東賢(慶應義塾大学SFC研究所研究員)
    「韓国における伝統まつりの変容に関する研究」
     李良姫(島根県立大学NEARセンター客員研究員)
    「北朝鮮はなぜ核兵器開発を行うのか」
     福原裕二(島根県立大学)

□開催報告は『NEAR News』第31号(pp. 5-6)に掲載しています。

第16回日韓・日朝交流史研究会

【日時】2008年10月24日
【場所】本部棟 会議室A
【報告】「日本近現代朝鮮語教育史と奥山仙三『語法会話朝鮮語大成』」植田晃次(大阪大学)
    「『朝鮮語第三種受験者必携』の朝鮮語学」矢野謙一(熊本学園大学)
    「『朝鮮語発音及文法』の文法項目」呉大煥(島根県立大学)
    「朝鮮語学習書出版の背景」山田寛人(広島大学)

□ 開催報告は『NEAR News』第30号(pp. 5-6)に掲載しています。

第15回日韓・日朝交流史研究会

【日時】2008年7月4日
【場所】本部棟会議室A
【報告】「韓国新政権の対北政策」金興翼(駐広島大韓民国総領事館)
    《科研中間報告》
    「朝鮮植民地記の朝鮮語奨励政策による朝鮮語教育の言語学的考察」
     鄭世桓(島根県立大学)
    「学習書を通してみる近代日本における朝鮮語教育史の多元的・実証的研究」
     呉大煥(島根県立大学)
    「実証・実態研究の統合による『地域学としての竹島研究』の構築」
     福原裕二(島根県立大学)

□開催報告は『NEAR News』第29号(pp. 5-6)に掲載しています。

第14回日韓・日朝交流史研究会

【日時】2008年4月25日(金)16:30-18:00
【場所】本部棟会議室2
【講師】張基善(尚絅学院大学)
【演題】「日本近世・近代における医師と医学知識の社会的役割」

□開催報告は『NEAR News』第29号(p. 5)に掲載しています。