浜田キャンパスホーム > 在学生の方へ > 休学・復学・退学の手続きについて

休学・復学・退学の手続きについて

 身分異動(休学、復学、退学など)にかかる手続きは次のとおりです。余裕をもって手続きを行ってください。期日後の願い出は認められませんので注意してください。

 休学

 疾病その他やむを得ない理由により、3ヶ月以上修学することができないときは、本人の願い出により、学長が休学を許可することができます。ただし、授業料を納付していない場合は許可することはできません。 

 休学の期間は1年以内で、休学理由が解消しないと学長が認めた場合は、1年を限度として延長することができますが、休学期間は通算して4年を超えることができません。また、休学の期間は在学年数に算入しませんので、休学をした場合卒業時期が延びることになります。

 休学しようとするときは、必ず休学開始日の概ね1か月前までに指導教員と面談をしてから、必要に応じて学部長またはコース長と面談を行い、休学開始日の前日までに本部棟1階事務室(学生支援課)に休学願を提出してください。

 【休学手続きのフロー】 休学手続きフロー

 復学

 許可された休学期間が満了したとき、または休学期間内に休学事由が解消したときは、学長が復学を許可することができます。

 復学しようとするときは、復学日の日までに本部棟1階事務室(学生支援課)に復学願を提出し、指導教員と面談をしてください。復学の手続きを行わずに休学期間が満了した場合も、授業料を納付する必要があります。授業料納付を怠り、督促後も納付しない場合は、学則に基づき除籍となります。

 【復学手続きのフロー】 復学手続きフロー

 退学

 退学とは、課程を修めて卒業するに至らないうちに学生の身分を失うことです。

 学業を継続することが困難となったときは、本人の願い出により、学長が退学を許可することができます。ただし、授業料を納付していない場合は、許可することはできません。

 退学しようとするときは、退学日の概ね1か月前までに指導教員と面談をしてから、必要に応じて学部長またはコース長と面談を行い、退学日の前日までに本部棟1階事務室(学生支援課)に退学願を提出してください。

 【退学手続きのフロー】

退学手続きフロー

              
 上記手続きに関する問い合わせ先

 浜田キャンパス事務局学生支援課 TEL:0855-24-2202 h-gakushien@u-shimane.ac.jp